ペイントホームズ
青森店

満足のいく色決めにするポイント「塗板」について

建物の外壁色を選ぶ際には、色の面積効果を考慮することが重要です。色は、小さいサンプルで見た色が建物全体に塗布されたときに異なる印象を与えることがあります。外壁塗装において、色見本だけで色を決定する際には気を付けなければなりません。

 

色選びの失敗を減らすためのポイント

中間色を選択する:

自然光や人工光の下でも変化が少なく、淡いグレー、ベージュ、薄めの青などは色見本で見たときと建物に塗布したときの印象が大きく変わりにくい色です。

そのため、周囲の景観にも適応しやすく、建物全体の調和を考慮した色選びに適しています。

A4サイズの塗板サンプルを使用する:

このサイズのサンプルは、色を大きく見ることができるため、実際の外観に近い印象を把握しやすくなります。また、建物の外壁に直接あてて確認することで、周囲の環境や他のデザインとの調和を視覚的に判断しやすくなります。

 

外壁塗装のプロセスで色決めの時には、色見本だけでなく実際の建物に合わせて選んだ色がどの様に映るかをできるだけ正確に予測することが重要です。面積効果を理解し、A4サイズの塗板見本のような大きなサンプルを使用して色を決定することで、外観のイメージに近い色を選ぶことができます。