ペイントホームズ
青森店

塗装に必須!艶有り塗料の裏に潜むデメリット

外壁塗装には、艶有りと艶消しの2種類の塗料があります。艶有り、通称グロス塗料は、ツヤツヤの仕上がりが特徴で、一般的には美しい外観を提供します。しかし、その美しさの裏にはいくつかのデメリットが潜んでいます。

まず、艶有り塗料の最大のデメリットの一つは、その艶が持続しないことです。艶有りを選んだ場合でも、通常3年程度で艶が失われます。この期間を過ぎると、外壁の表面はツルツル感が薄れ、埃や汚れが付きやすくなります。そのため、定期的なメンテナンスが必要となります。

また、建物の形状や外壁の種類によっては、艶有り塗料が適切でない場合があります。特に、光の反射が強い外壁や、複雑な形状を持つ建物には、艶有りの塗料を使用することで、艶が目立ちすぎる可能性があります。これは、外壁の美観を損なう原因となります。

さらに、艶有り塗料が適切でない場合、外壁が安っぽく見えることがあります。艶の度合いが強すぎると、建物全体が安っぽい印象になってしまうことがあります。このため、外壁の色や建物のスタイルに合わせて、適切な艶の度合いを選択することが重要です。

 

外壁塗装を行う際には、艶有り塗料のデメリットや注意点を理解し、建物の特性や外観を考慮した上で塗料を選定することが重要です。専門家との相談や詳細な検討を行うことで、最適な塗装方法を見つけることができます。