「塗装したばかりなのに塗膜が剥がれてきた」「すでに不具合が出た」そんな経験したことはありますでしょうか。

外壁塗装と言えば塗料を壁に塗る作業を思い浮かべやすいです。ですが下地処理を行わなかったらせっかく良い塗料を使っても長持ちしません。

今回は下地処理がどれほど大切なのか説明していきます。

下地処理とは塗装を行う前の工程になり、汚れを落とす高圧洗浄、壁に出来た傷や凹みの修正があります。壁の材質によっては修正の仕方が違ってくるのもあります。

例えばモルタル壁やサイディング壁の場合ひび割れの部分にパテで埋めたり継ぎ目の目地のシーリング打ち替えしたりします。

鉄でできた部分にはケレン作業といい、鉄さびや古い塗膜を削って表面を整える工程も入ってきます。

木部には浅い傷であればサンドペーパー等で研磨して凹凸をなくしていきます。

この工程を終わらせた後にいよいよ塗装の工程に入ります。塗膜と壁との間が綺麗であれば、塗料はより密着しやすいでしょう。

塗膜と外壁の間に汚れがあれば綺麗になったとしても数年経てばすぐボロボロになってしまいますし、壁の修正をしなければ表面にガタつきが生じ綺麗になることはありません。

今回は下地処理の重要性について説明しました。綺麗な外観を維持するならば下地処理を手抜きしてはいけません。

下地処理は仕上がりですぐに分かるものではないため手抜きする業者がいるのも現状です。

信頼できる業者に大切な家の工事を任せることをお勧めします。