ラジカル塗料の正式名称はラジカル制御塗料といいます。

ラジカルとは不対電子を持つ原子や分子のことを指し、通常は電子二つずつ対になって存在していますが酸素や紫外線などが顔料に触れることで〝ラジカル〟という因子が発生し、塗料の分解を促進させ、塗膜の劣化原因になります。

よくある劣化現象にチョーキングというものがありますが、これは外壁に触れた時手に白い粉が付くことをいいます。

その白い粉が塗膜(塗装の膜)が劣化して粉状になってしまったものです。

ラジカル塗料には酸化チタンと光安定剤という成分が含まれておりラジカルが発生した時に塗料から分解されないように塗膜の劣化をおさえる効果があります。

<ラジカル塗料のメリット>

ラジカル塗料を使用する際のメリットは

・チョーキングが起こりづらい…チョーキングの原因となるラジカルを抑制する成分が入っている為劣化しづらくなっています。

・耐久性がある…汚れに強く、変色しにくい。カビや苔が発生しづらくなっています。

・塗装しやすい…さまざまな下地と相性が良い為、伸ばしやすく飛散しにくいので仕上がり

        も良好です。

<ラジカル塗料のデメリット>

上記でメリットをお伝えしましたが、もちろん良いだけではなくデメリットもあります。

・新しい塗料の為実績が少ない…2012年に販売された新しい塗料になります。実例が少ないことがデメリットではないでしょうか。

・濃い色は思い通りにならない…塗料に含まれる「高耐候酸化チタン」は、白い顔料です。塗料によって違いますが濃い色が入らないことがあります。

・製品数が少ない為施工経験がない可能性がある…販売されてから年数が経ってない為選ぶ数が限られてきます。知名度もあまりないので業者から断られることもあります。

どうでしたか?ラジカル塗料、良い塗料ですよね。

塗装をお考えの方の参考になれたら幸いです。