ご自宅などの塗装工事を検討される中、塗料を選ぶ際には、水性塗料と溶剤塗料の2つの選択肢があります。まず、「水性塗料」は主成分が水で作られており、無臭であるという大きなメリットがあります。これに対して、溶剤塗料は有機溶剤を使用しており、強い臭いがすることがあります。

水性塗料の成分のうち約60〜70%が水で構成されているため、従来の塗料と比較して臭いが少なく、環境にやさしい特徴があります。また、薄めたり、塗装に使用した道具を洗浄する際に水を使用でき、手についた場合も水で簡単に洗い流せます。完全に乾燥すれば、雨にも強い膜を形成しますが、気温や湿度が不安定な日に塗装すると雨の影響を受けやすいことに注意が必要です。

水性塗料は耐久性において油性塗料とほぼ同等であり、さらに改良が続けられています。特に「ニオイが少ない」という特徴は注目されており、室内での使用に適しています。その他にも、室内環境基準F☆☆☆☆を満たす製品が多く、環境への配慮ができるのも利点の一つです。

ただし、水性塗料と油性塗料とで耐久性に大きな差はないものの、塗装時の環境条件には十分な留意が必要です。水性塗料はその特性を理解し、適切な状況での使用を検討することが重要です。迷った際には信頼できる塗装業者に相談するといいでしょう。