工事するとなれば大きな金額が必要になり、安い見積書を目にすると「ここで工事したいな。」と依頼したくなるという方は多いと思います。安く工事できるならお得と思ってしまうでしょう。今回は金額が安い工事について解説していきます。

工程を省略→外壁塗装工事はいくつかの工程で成り立ちます。特に、洗浄処理や下地処理は、悪徳業者によって省かれることがあります。価格を引き下げ、大切な工程を省略したり手抜きをしたりする業者が存在します。

グレードの低い塗料を使われる→一般的に価格の低い塗料は通常寿命が短く、逆に価格の高い塗料はより耐久性があります。安価な業者が採用する塗料は、耐久性の低い安い塗料をよく使っています。したがって価格だけでなく塗料の品質にも注意が必要です。

短期間で工事が終わる→大切な工程を省き、1度塗り、2度塗りと雑に進めるため短期間で工事を終わらせます。劣化に弱くすぐに効果が無くなる塗膜になってしまうため注意が必要です。

この様に安さには理由があります。価格の安い工事は業者の優しさではなく今後、塗膜の持ちが長く綺麗な状態を維持できるとは保証できません。慎重に業者選びをする必要があります。

今回は工事金額が安い内容について解説しました。