住宅の塗り替えタイミングはその場の環境や塗料の耐久年数により変わってきます。例えば、耐久年数の低い塗料を使用すれば塗り替えのタイミングは早く、逆に耐久年数が高い塗料だと塗り替えタイミングは遅くなるでしょう。その他に周囲の環境(紫外線や雨水、大気汚染など)でも耐久性が変わり塗り替えタイミングも異なってきます。ではどんな時が塗り替えるタイミングなのでしょうか?今回は外壁を塗り替えるべきタイミングをいくつかご紹介していきます。

  • 外壁の色が褪せてきた時

外壁の劣化が始まると最初に色褪せの症状が出てきます。外壁の色がくすんだ様に変色し、それと同時に外壁を守る塗膜の表面が劣化し荒れたようにガサついてきます。色褪せは美観が損なわれるので塗り替えタイミングにお勧めです。

  • チョーキング現象が出た時

外壁に触れた時に白い粉が手に付着する現象をチョーキング現象と言い、外壁を守る塗膜から樹脂(外壁を紫外線や雨水からカバーする成分)が失われ顔料(色の粉)が剥き出しになった状態のことです。防水効果が発揮しなくなっているためチョーキングが出たら塗り替えをされる方が多いです。

いかがでしたか?上記の症状の他にも塗り替えタイミングはありますが、劣化の判断のし易い2つをご紹介しました。皆さんも参考にしてみてくださいね。