外壁の劣化と聞くと難しく感じるかもしれませんが実は自分で劣化具合を見ることができる事を知っていましたか?ご自分の住宅がどんな状態なのか、どんな劣化が出ているか今回お話していきます。

▼色褪せ:外壁をカバーしている塗膜の表面が劣化し始めた頃に起こる症状で外壁の色が薄くくすみを帯びてきます。濃い色ほど目で見ると変色に気づきやすいですが、薄い色やパステルカラーの外壁などは変色が起こりづらいので分かりにくいです。色褪せを確かめる場合は外壁表面を触ってみてガサガサな表面になっていたら色褪せを起こしている証拠です。

▼チョーキング:塗膜の主成分である樹脂が無くなり塗料を色付ける粉が表面に浮き出てくる症状です。外壁表面に触れると粉が付着するためそのような現象がある場合チョーキングが起こっています。

▼カビ・コケ:湿気がある場所に面した外壁表面にカビやコケなどが繁殖しやすくなり放っておくと成長し根を張るため外壁材を傷める可能性があります。外壁の表面が塗料とは違う緑や黒くなっていたらカビやコケが繁殖しています。

▼ひび割れ:外部からの劣化や経年劣化により塗膜に柔軟性が無くなってきます。そのため塗膜にヒビが入りやすくなり割れてしまう症状です。外壁に縦もしくは横に亀裂が入っていたらひび割れを起こしています。

▼塗膜の剥がれ:塗膜と外壁の間に隙間ができ塗膜が剥がれる症状で塗膜が無くなってしまった場所は更に劣化が進行してしまいます。紫外線や雨水の侵入が直接外壁にあたり腐食や雨漏れを起こしやすくなります。外壁の表面に剥がれた後があれば塗膜が剥がれを起こしています。

この様に簡単にご紹介しましたが皆さんの住宅はどうでしたか?どれか劣化を起こしていたら塗装工事が必要になってきます。早めの対応で外壁を劣化から守りましょう。