住宅は簡単には崩れたりしません。

ですが「住宅塗装はまだ先でいいでしょ」と予定された塗装作業を先延ばしにすることは、さまざまなリスクを引き起こす可能性があります。工事予定を延ばされた住宅はどのようになっていくのかお話していきます。

  • 耐久性が低下する

建物を雨水や紫外線から守る重要な役割を果たすのが外壁塗装です。先延ばしにすることで外壁の劣化が進み、建物の耐久性が低下する可能性があります。

  • 防水性が低下する

塗膜の老化やひび割れが進行すると、外壁の防水性が低下します。雨漏りのリスクが増大し、内部の構造物や家具に損傷が生じる可能性があります。

  • 予想外の修理工事

先延ばしにした外壁塗装が原因で、思わぬ修理が必要になることがあります。例えば、雨漏りや構造物の損傷などが発生し、急な対応が必要になる可能性があります。

今回は予定していた工事を先延ばしにすると建物にどのような影響があるのかをお伝えしました。劣化が進んで修理工事が必要にならないためにしっかりとメンテナンスは必要になります。