塗料にはさまざまな種類があり全て特徴や耐久年数が違います。今回は塗料の選び方と効果についてお伝えしていきます。

外壁をもし塗装するとしたら短い年数で色んな色を試してみたいですか?それとも長期間美観の維持を続けさせたいですか?どれが正解でどれが間違いでもありません。

塗料の効果やどういう時に使われているのか以下のようにまとめてみました。

アクリル塗料 耐久年数3~5年

アクリル塗料は最も耐久性の低い塗料になります。よく使用されているものとして室内塗装や家具などの塗装に適しています。外壁に使用しても問題ありませんが耐久性が低く防水性がないため定期的なメンテナンスが必要になってきます。

ウレタン塗料 耐久年数5~8年

木材や金属にも使え様々な素材に適していることが特徴的な塗料です。家具や床などの仕上げによく使われておりコーティング機能もあります。耐久年数は高いわけではないので短期間での塗り替えは必要になりますが数年で別の色に塗り替えたい方にお勧めの塗料になります。

シリコン塗料 耐久年数8~10年

現在人気のある塗料でコストパフォーマンスが優れていることが特徴です。主に防水工事や外壁塗装などによく使われます。色んな素材と合うところも人気なのでしょう。

ラジカル塗料 耐久年数12~15年

シリコンとフッ素の中間のような塗料です。耐久性が長い上、劣化の原因となる物質を抑える効果があります。フッ素のような耐久性を誇りシリコンと同じくらいの金額のためラジカル塗料を選ぶ方が増えてきています。

フッ素塗料 耐久年数15~20年

耐久性が高いため価格が高く住宅塗装ではあまり見かけることが少ないです。外壁塗装で使われるとするなら劣化が早い屋根に使われることが多いようです。丈夫な家を長期間保たせたい方にお勧めです。定期的なメンテナンスも不要のためトータルコストを抑えることができます。

このように塗料のグレードによって使われ方も様々です。塗装をされる際はご自分に合った塗料選びが1番大切なのです。