“弱溶剤”という言葉を聞いたことはありますか?塗料には溶剤という塗料を薄めて溶かす材料が含まれておりシンナーや水が使われています。弱溶剤は弱いシンナーを使っており住宅塗装にも使われています。今回は弱溶剤についてお話していきます。

溶剤には水性<弱溶剤<溶剤の順で耐久性が高く密着力もあります。弱溶剤は水性と溶剤の中間というイメージです。

◇弱溶剤の特徴

弱溶剤の特徴として水性塗料より密着力があり溶剤塗料より臭いを抑えることができることが特徴です。また、金属や木材にも塗布することができ幅広い用途で使うことができます。

『弱溶剤のメリット』

・密着力と耐久性➡水性塗料よりも高い耐久性と密着性があります。厳しい気候にも十分耐えることができます。

・臭いの軽減➡弱溶剤なので独特の臭いはしますが溶剤より臭いを抑えることができ周囲への影響を軽減できます。

・用途が広い➡色んな素材に塗装することが可能です。水性塗料が使えない住宅などにお勧めです。

『弱溶剤のデメリット』

・乾燥までの時間が長い➡シンナーが含まれるため乾燥が遅く一工程の時間が長くなり可能性があります。

・ひび割れが起きる可能性がある➡塗膜が固いため外壁にヒビが入ると塗膜が一緒に割れたりヒビが連なって広範囲に割れる可能性があります。

今回は弱溶剤についてお話ししました。耐久性は溶剤より劣りますが十分な保護力があり臭いを削減したため今後の塗装を弱溶剤で検討された方もいるのではないでしょうか。