雨漏りってどこから雨水が入ってきていると思われますか?上から水が流れてくるから屋根なのではないかと思われますよね。もちろん屋根から雨水が入ってくることもあります。その他にも雨漏りの原因となる場所があるので説明していきます。

*屋根→屋根や瓦が破損していたり防水シートなどが劣化していると雨水の侵入を引き起こしてしまいます。

*雨樋→雨樋や排水パイプが詰まっていたりすると雨水が逆流したり排水しきれず建物内にあふれてしまう可能性があります。

*窓、玄関→劣化した窓や玄関などのコーキングが傷んでいると、そこから雨水が室内に入り込むことがあります。

*ベランダ→ベランダの床や防水コーティングが損傷した場合雨水が侵入しやすくなり雨漏りを引き起こしやすくなります。

*煙突、通気管→煙突が劣化していたり通気管の破損により雨漏りが起きることがあります。

*外壁→外壁にヒビが入っているとそこから雨が侵入することもあります。

雨漏りは建物にさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。雨漏りが引き起こす主なトラブルをご紹介していきます。

  • 建物の劣化…雨漏りが続くと外壁材や屋根が雨にさらされ続け腐食する原因になります。
  • カビと湿気の発生…外壁や屋根が水分を含むと湿度が上がりカビを発生させてしまいます。カビは健康にも良くないため身体にも影響が出てきます。
  • 電気施設への影響…配線や電気機器に水が触れることで故障したり火災の危険性が高まります。
  • 室内の傷み…雨漏れを引き起こすと室内にまで雨水が入ってきます。そのため床が腐食したり内側からも劣化しだします。

雨漏りが起こすトラブルをご紹介しました。単に「雨漏り」と聞くと大したことないように感じてしまうかもしれませんがとても最悪な事態になり得る原因となるので雨漏りが起きてしまったご自宅があれば後回しにせず早めに補修をすることで劣化を防ぐことが出来ますよ。